授業の仕組み

お子さまのチカラを伸ばす授業の仕組みとして、月2回の授業を「基本製作」「応用実践」の2つに分けて授業を行います。

基本製作で1体のロボットを製作し、応用実践で製作したロボットを改造します。

基本製作

テキストを見て、試行錯誤をしながらロボットを作り上げることで、集中力や観察力を身につけます。

応用実践

工夫を重ねながら自由にロボットを改造することで、イメージする想像力や組み立てる創造力を身につけます。

学びの特徴

ロボット教室は、お子さまの様々なチカラを開拓し、伸ばします。